0
¥0

現在カート内に商品はございません。

BREEZY BRUSHES(ブリージー ピンブラシ)

通常価格:¥6,050 税込
¥6,050 税込
商品コード: #A910 ~ #A932
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
・革新的な新しいパッド設計・・・ピンを支えるパッドはピンを安定させ、ピンに柔軟性を与える大切な部分です。細いステンレスピンをしっかりと支え、パッドに柔軟性を持たせることによって、ステンレスピンの皮膚への当たりが柔らかくなります。その結果、皮膚、コート両方への衝撃が少なくなるのです。

・丈夫で軽量なビーチウッドハンドル・・・ビーチウッドとはブナ材のことで、丈夫で軽量、塗装をしておりませんので、手の汗や皮脂を適度に吸収、放出しながら、経年変化も楽しめる木材です。平たいハンドルの形状は手の内側にぴったりとおさまり、ブラッシングの力をしっかりとピン先まで伝えることができます。

・先端までしなやかなピン・・・ステンレスピンを職人が丁寧に作っています。細いステンレスを研磨し、あくまで滑らかにして、先端までつながってピン先を丸く加工しております。したがって当たりが柔らかく、無理にブラシを通さなくても滑らかに皮膚まで届くのです。

・16mmのピンの長さ・・・今までクリステンセンは20・27・35のピンの長さを作っていましたが、毎日のブラッシングをしやすくするために、16mmのピンを作りました。短毛から中くらいの毛の長さで、深さが3センチ以下でしたら、スルスルとしたブラッシングが行えます。3センチ近くある毛の犬猫に対しては、コートをめくって、地肌に近い場所にスルっとピンを入れて軽くブラッシング、そのあと毛を重ねて全体をブラッシングします。ピンの細さと柔軟性と、パッドの柔らかさで、コートと皮膚への衝撃を抑え、皮膚からコートまで自然な皮脂の分泌を促進し、それだけで日々、大切なブラッシングの目的を楽に、充分に果たせます。

・3種類のパッド・・・柔らかいパッドに設計しておりますが、☆普通の皮膚とコートの状態で、カール・ストレートコートの犬猫はピンクのパッド(普通)をお使いください。
☆少し皮膚が敏感で、刺激にいくらか反応するカール、ストレートコートの犬猫はグリーンのパッド(柔らかい)をお使いください。
☆少し皮膚が敏感で、刺激に反応しやすい、カール、ストレートコートの犬猫はパープルのパッド(さらに柔らかい)をお使いください。
毎日のブラッシングはこの「ブリージーピンブラシ」がとても役立ちます。さらにコートの流れをきれいに仕上げたい場合は ブラス(真鍮)ピンの「フレキシブルピンブラシ」等をお使いください。

“クリス クリステンセン システムズ”のブラシ類は、最上級のクオリティーの材料を使用し、ドイツで製作されています。
経験豊かなドイツの職人が、完成までの各工程を、誇りを持って手作業(ハンドクラフト)しています。
人間工学に基づいてデザインされておりますので、手になじみやすく、ブラシ部分・ハンドル部分がコントロールし易くなっています。 ブラッシング後には、ご愛犬のコートも、人間の手首の軽さも、きっとご満足いただける結果が得られることでしょう!

なぜ適切なブラッシングは、とても重要なのでしょうか?
ブラッシングもしくはヘアスタイリングの基本的な目的以外に、“ヘアーブラッシング”はさまざまな他の重要な目的を果たします。 それは、皮膚やコートの汚れを取り除いたり、ピンが皮膚に触れることでマッサージを行ったり、有益な皮脂の分泌を活性化させたりと、多岐にわたります。
そして、そのことによって、清潔な皮膚とコートを保ち、マッサージで血行が良くなることによって、健康なコートの換毛と成長を促し、有益な皮脂の分泌によって、 適切な水分バランスと自然な光沢を得ることができます。
結果的に、とても容易に思い通りのスタイリングを行うことができるのです。

すべての“クリス クリステンセン システムズ”のブラシ類は、ブラッシングの重要な目的を果たす為に、良く均整がとれており、とても使いやすくなっております。

◆サイズ
・ボディー 全長:23.5?
・ブラシ部分 長さ:11?
・ブラシ部分 幅(最長部分):6.0cm
・ピンの長さ:16mm

◆材質
・ピン:ステンレス
・ボディ:ビーチウッド(ブナ材)

◆重さ
 70g

◆お勧めの犬種
短・中毛で毛の深さが30mm以下の犬種)

※毛の深さが分かりづらい時は、一番毛量の多いところを、竹ひごなどのとがっていない方をそっと、直角に皮膚に当て、 自然なふくらみにして(つぶしたりせず)、被毛の表面の位置で印をつけ、深さをお計り下さい。

◆取り扱い上の注意点
・濡れた場合は水分をふき取り良く乾燥させてください。

・ピンは毛の深さに足りれば、先端が皮膚に届くだけで十分にマッサージ効果が得られますので、無理にガリガリしないようにして下さい。

・ピンの根元は、クッション部分の下に、頑丈に職人が手作業で埋め込んでおりますので、よほどの力がかからない限り、抜ける心配はございません。
ただし、しなやかにピンが動くよう(皮膚への衝撃を少なくするため)柔軟性を持たせておりますが、他の物をブラシの上に置いたり、狭い場所に窮屈 につめたままにしておくと、曲がったり、その形のままになってしまうことがございますので、ご注意ください。

カテゴリ一覧

ページトップへ
ポイント: 55pt